« New Lanark part2 -David Dale- | Main | Ouseburn Valley (newcastle) »

January 30, 2005

New Lanark part3 -Robert Owen-

File0004

この写真(Donnachie, I & Hewitt, G., 1993, p.60, Fig4.1)はこのブログでも度々名前が出てきましたRobert Owenです。貧しい生まれではあったのですが、学校での成績が優秀だったそうです。学校を卒業後は織物商、紳士用服飾品などの卸売業、小売業の経験を積み、その後、製造業へと転進をしていきました。当時、紡績産業のメッカであったマンチェスターの地において、様々な経験と人脈を獲得していきました。そして、New Lanarkの経営者であるDavid Daleの娘、Caroline Daleと出会い、New Lanarkの共同経営者となったわけです。彼が29歳の時のことでした。Robert Owenが経営を引き継いだ当初は向上の労働者である村人との間に信頼関係が築くことが出来ず、また、経済的な利益向上を図ることが必要であったために、労働時間が13時間から14時間に増えたり、飲酒に対しての罰則を強化したり、また、労働の監視なども強めていきました。その後、徐々にではありますが、村民のRobert Owenを受け入れ始めた頃、一つの事件が起こりました。それは、アメリカが綿花の輸出を禁止したために、何ヶ月かの間、工場の機械が止まったのです。この間、経営者であるRobert Owenは労働者に対する給料を1ペンスも差し引くことなく支払い続けたということです。これは、彼の義理の父であり、村民からの信頼の厚かった前経営者であるDavid Daleが1788年の火災で工場が全焼した際にとった行動と同じでした。これを大きな転機として、Robert Owenは村民たちの尊敬と信頼を勝ちとされています。次回以降では、この後、Robert OwenがNew Lanarkで行った社会実験について掲載していきますが、如何にすばらしいアイデアや思想であっても、コミュニティにおける相互の信頼関係無しには何事も始まらなかったということだと思います。

(参考文献)
Donnachie, I & Hewitt, G. (1993) Historic New Lanark, Edinburgh: Edinburgh University Press.

|

« New Lanark part2 -David Dale- | Main | Ouseburn Valley (newcastle) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64211/2743216

Listed below are links to weblogs that reference New Lanark part3 -Robert Owen-:

« New Lanark part2 -David Dale- | Main | Ouseburn Valley (newcastle) »