« New Lanark part1 -intro- | Main | New Lanark part3 -Robert Owen- »

January 25, 2005

New Lanark part2 -David Dale-

File0005

この写真(Donnachie, I & Hewitt, G., 1993, p.36, Fig3.1)は18世紀後半の紡績工場の内部のイラストです。New Lanarkはそもそも、この地を世界的に有名にしたRobert Owenの義理のお父さんであるDavid Daleによって、1785年に建設されたことに始まります。このイラストの中にも子供の姿が見られますが、当時は産業革命の流れが加速していくという時代背景の中、子供も労働力としての大きな役割を担っていましたが、ここNew lanarkでも、労働力として約400人の孤児たちを寄宿させていました。現代から見ると労働条件は過酷であったことは確かですが、記録によると、New Lanarkにおける衛生面での環境は当時のトップクラスの水準を誇っていたと言われています。例えば、子供たちの服やリネンの交換のサイクルや、寄宿舎の換気、清掃、補修時期などが細かく規定されていました。また、David Daleは工場の中に学校を設立し、さらに、その学校の中には、工場共同体では始めてと言われる6歳児以下の幼児教育が提供されていました。その後、工場の経営は娘婿であるRobert Owenに任され、歴史に残る社会実験が行われることになりますが、工場が出来たときには既に、より良いコミュニティを志向する素地が備わっていたことが伺われます。

(参考文献)
Donnachie, I & Hewitt, G. (1993) Historic New Lanark, Edinburgh: Edinburgh University Press.

|

« New Lanark part1 -intro- | Main | New Lanark part3 -Robert Owen- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64211/2688301

Listed below are links to weblogs that reference New Lanark part2 -David Dale-:

« New Lanark part1 -intro- | Main | New Lanark part3 -Robert Owen- »